2016年03月24日

    父親を殺したいと思った時に書いて怒りを沈めようと思った文章4。

    以下から記事本文です。

    親を生存させたい訳じゃあない。しいて理由をつけるのであれば、自分の人生を守るためだ。それしかない。自分の人生を守る。悲しいが、魂を救うために殺人をすれば、それは殺人になってしまう。本当になってしまう。だから、逃げないといけない。魂は救われても、人としての人生が終わってしまうならば、それは、魂は救えても、その入れ物は救えてないということかもしれない。

    逃げないといけない。ただ、相手の速やかなる死を願って。なんで、こんなに苦しい想いをしないとダメなのか。当たり前に考えれば、考えなくてよいことを考えさせられることも、苦痛である。

    今後、一切の言葉を話したくないし、同じ空間にいたくない。そのラインを平気で飛び越えてくる、悪の性というものが一番恐ろしい。ただ、冷静に、そして、平穏に生きたいだけなのに、自分の親が全くのキチガイに生まれてしまった私の人生というものは、何だったのか?そんな風に思う。そんな風に思う。

    苦しみ。全くの苦しみ。ただ、逃げ出したい。いや、もっと前向きに相手の死を願う。死を願うのじゃあ時間がかかりすぎるから、ただ、直線的な感情として、「殺したい」という気持ちが芽生えた。殺人計画だって、たてて良いのかもしれない。

    もう、二度と、こんな気持をしたくない。逃げた会社よりも、ひどいことが起きている。もう、嫌だ。殺したい。殺したい。死んでしまえ。感電死でも、落下死でも、轢死でも、溺死でもなんでもいいから、死ね。死ね。死ね。殺されろ。自殺したっていい。はやく死ね。死ね。

    書いている様子です。

    【お察し下さい】怒りに震えながら、感情をキーボードに書き表すタイピング音【音フェチ動画実験】 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=VWg7Xe7cn0w

    心が限界を迎えた時、私はパソコンを叩きます。

    スポンサーリンク
    posted by 2ちゃんねるの楽しみ方を考える武士。 at 14:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: